今日の英才教育

私の二人の子供の未来は果たして!?・・・彼らの傍らで響き、奏でられるいるものは。。。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

Paul Weller

Paul Weller 出演決定
FUJIROCK FESTIVAL'09 7/24 GREEN STAGE

こんなにもGREEN STAGEのLINE UPに惹かれるのも久しぶりだなぁ。
大いに念願であったポールウェラー出演です!

4月の来日があったばかりなので、FUJIでのSETに期待が膨らみます。
出演時間は大体1時間強位の枠でしょう。
先日のCOACHELLAに出演の際は、2nd STAGEの19:00〜19:50だったので、これより少し長いSETが期待されます。

【SET LIST】 4/18 Outdoor Stage at COACHELLA 2009
From The Floorboards Up
All I Wanna Do (Is Be With You)
Out Of The Sinking
22 Dreams
The Changingman
Eton Rifles
Sea Spray
Porcelain Gods
Wild Wood
A Town Called Malice (with Johhny Marr)
Come On/Let's Go
関連エントリー: John Weller R.I.P.

こうなるとOASISのStageにも興味が沸いてきた。
どーする?どーなる?かなぁ。。。わたし。
FUJIROCK | permalink | comments(26) | trackbacks(54)

苗場ロックン・ロール・ショー

FUJI ROCK FESTIVAL '09
7/25(土)GREEN Stage
忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ
NICE MIDDLE with New Blue Day Horns

Official
大将インタビュー
仲井戸“CHABO”麗市 / Leyona / Chara / 甲本ヒロト / 真島昌利 /
トータス松本 / UA / Char / WILKO JOHNSON & NORMAN WATT-ROY / BOOKER T. / 泉谷しげる

邦楽FES.ならあるかなぁ、と思ったりしていた。
でも願っていた。
だってフジロックだもん。 清志朗だもん。
フジロックに魅せられし私にとって、こんな素敵な時間が設けられるなんて。

言ってしまおう。
ありがとうフジロック!ありがとう清志朗!

FUJIROCK | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

日割り&追加 / FUJIROCK '09

The Neville Brothers出演は驚いたねぇ。

SKA祭りの匂いは残るところだけど、ちょっとバラけた。
でもCHARA、永積のJOINでスカパラ歌モノLIVEが見れるか?!

トラキャン、今度は見れるかなぁ。

うれしい追加がいっぱいだぁ!

そして、
ソウルフラワー来たねぇ!
頭脳警察も来たねぇ!
Polysicsも出るしねぇ、、、
後は ニューロティカ だねぇ! (関連エントリー

FUJIROCK | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Booker T / FUJIROCK'09

フジロック’09に出演追加発表がありました。
Greenのヘッドライナー級の名は見受けられませんが、
ニューロティカの名前もありません。

追加でなんとBOOKER T.

28年ぶりのSolo Albumを引っさげての出演。

つまり &MG's ではなく、
よって、スティーヴさんもダックさんもいない。



彼のこのソロを支えるのは、Drive-By Truckers。
マッスルショールズ生まれの良血バンド。
トリプル・ギターで雰囲気のいいサザン・ロックを聞かせてくれます。
さらにこのアルバムには、昔から縁があるというニールヤングが参加。
BOOKER T.含めたらギター5本!

インストアルバムなのはもちろん、この編成ながらのラウドな様子も。
ハモンド ブイブイで Hey Ya のカバーなんて!

Drive-By Truckersと共にツアーに出るようで、
今週末のCoachellaやBonnarooにも出演。
でもフジでは自身のバンドで来るような様子。
う〜ん、なんとかならんかねぇ。

しかし今年のフジロックは、GREENのヘッドライナーがOasis以外は
F とか K とかだの噂だけど、そりゃ〜ちょっと。

PATTI SMITHやBEN HARPERしかり
BOOKER T.といいfunky METERSやTHE GASLIGHT ANTHEMと
アメリカのいい感じのところが並びたつのを見ると。。。
彼等はなにかの複線でまだ序の口。。。実はでかい隠し玉があるんじゃ・・・




FUJIROCK | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

すっぱ抜いてみよう / FUJIROCK'09

THE AIRBORNE TOXIC EVENT
BOOKER. T
BURAKA SOM SISTEMA
COOL WISE MEN
EBONY BONES!
HIGE
IDA MARIA
MAXIMO PARK
Rafvan
THE SHOES
STEVE NIEVE BAND ft JOE SUMER
UA
FUJIROCK | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

funky METERS / FUJIROCK '09

久しぶりにBLOGをいじってみると、
すっかり新しい機能とかが増えていて面白い反面、
すでに面倒くさくも感じたりしてますが、
ニューロティカ フジロック出演は気長に待ってます。

以前に The Neville Brothers を呼びたいと言ってたけど、
funky METER  が出演。
Aaronの歌声も捨てがたいが、これはうれしい!

多くのミュージシャンが彼らをRESPECTする、ニューオリンズ・ファンクの重鎮。
ストーンズ、レッチリ、BO-GUMBOS辺りがきっかけで聴いたところ、
最初は割とゆったりとしたビートとスカスカした音に肩透かしの印象で、
ファンク?としては良くわからなかった。頭で聴いていたからだね。
彼らは、体で味わう音楽です!やみつき。


ところで、funky METERS とは、THE METER と何が違うのか?

創始THE METERS は、この4人。
 Art Neville (Vo/B3)
George Porter, Jr. (B)
Joseph (Zigaboo) Modeliste (Dr) 
Leo Nocentelli (G)

THE METERSは解散してしまい、後に
Russell Batiste Jr. (Dr)
Brian Stolts (G)
が加わったところで名乗ったのが funky METERS

ところが、創始のメンバー4人でも、たまには演るよということで、
それは original METERS  と銘打って仕分けることに。
ビジネスや人間関係。いろいろあるわけですなぁ。

funky METERSから を抜いたメンバーは、
PBS(Porter, Batiste, Stoltz)としても活動。

今回フジにくるfunky METERSは、Gの を引き継ぎ
の息子 Ian Nevilleが来るとの事。
 は去年の The Neville Brothers の来日には来なかったけど、
NBのStageに上がってる

暖簾分!?それぞれにオリジナルの曲を持っているが、
LIVEはTHE METERSの曲を交えてやっている模様。

メンバー以外に何が。。。うぅ〜解らん。だんだんめんどくさくなって。。。

何はともあれ、フジロックにfunky METERS。
original METERSが見たい気もあるけど、
若い血が入ったfunky METERSの方が、
鋭い音を鳴らしてくれるだろうと、期待が膨らみます。

さぁ、SOUL ISLANDのあの地へ連れて行ってもらおう!
FUJIROCK | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Eli ”Paperboy” Reed / FUJI ROCK '09

先日放送の東京マスメディア会議をみましたか。
またもや きのこ を見る目が変わりました。
でもフジでニューロティカを見たい目に変わりはありません。

このジャケ見れば、
どんな音楽を鳴らすか解かるってもんだ。

Eli "Paperboy" Reed & The True Loves

フジロック出演!なんとGood Timingな!!

去年のMy Best 5に入るこのAlbum。
60〜70'sのサザンソウル直系。
この手の音はAmy Winehouse(フジで呼んでよ!)の大成功もあり、
ここ数年盛り上がっている感があるところなれど、
彼はそれを狙いじゃなくやっているのは、一聴瞭然。

ボーカルは熱く、時に甘く。ギターがホントによく鳴ってる。ホーンも実に華やか。
これの前のAlbumではHowlin' Wolfばりのブルースも聞かせてくれてます。

20代だそうで。白人だそうで。
うっそ〜と羨ましいやら嫉ましいやら。
さしづめ日本でいえば、清志朗やトータス松本を思い浮かばせるソウルマンぶり。


Morrisseyのツアーサポートをお断りするほど、
Non-StopでLiveをこなして活動中。(あぁ Moz のフジ出演実現 願)

まだまだ新顔とはいえ、様子見なんて必要も無く、
ガッツリ楽しめることでしょう!
FUJIROCK | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Public Enemy / FUJI ROCK '09

ゴルフをやったこともないくせに、
いきなりドライバーでかっ飛ばそうとする奴がいて、
そんな玉をキャッチしようだなんて、なんとも危なっかしい今ですが、
フジロックにニューロティカの出演の吉報はいまだ無し。

Brother & Sister!!

PE in The 

Fuji Rooooock!!!




FRF’08でBootsy Collinsのステージは3部構成。
や〜初日から抜かれまくられちゃったよねぇ。
その1部を飾ったのは、PEのBack Band。(現?旧?)
あのLIVEを見た者なら、PEへ最早なんの迷いもなく駈けつけるでしょ。

だってあのBandに加えて、
凄腕DJ LOAD。(Terminator Xへの未練タラ〜)
火事の傷は癒えたか Professor Griff とセキュリティは任せた!S1W
誰かが言った、世界最高のボーカリスト CHUCK D
そして、"BOYYEEE!" 50歳を大いに祝わせてもらうぜ!
だから絶対に来てくれ!Flavor Flav

今はHIP-HOPをあまり耳にしなくなったけど、PEは別格。
昔、川崎で見たPEのLIVEは今も体に焼き付いて。
FUJIでは、あの頃のように。。。おっさんがんばっちゃうかも。

HIP-HOPグループとして、初めて世界ツアーを行ったと云われるPE。
今も世界中を廻り、独自のスタイルでアルバム・リリースも重ねてます。
B-Boyだなんて粋がっている奴は、一度食らってみたらいいと思うぞ。

YO Chech Yourself!
フジのPAよ。1発目の マイク の出音が肝だ。トチるなよ!
FUJIROCK | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
最近のツボ