今日の英才教育

私の二人の子供の未来は果たして!?・・・彼らの傍らで響き、奏でられるいるものは。。。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< PAUL WELLER来日決定! | main | 夏FES.始まるよ 2006 >>

子どもの救急


子どもの救急、公式サイト

今月、うちのチビちゃん2人は緊急で病院に行きました。
上の子KYONは部屋で遊んでいたところ、転んでテーブルに激突。目尻から出血してしまいました。
下の子KAT-KUNは、生後3ヶ月未満にも関わらず38度以上の発熱。

それぞれ休日及び夜間だった為、どうしようか困ってしまいました。近くに大きな病院があり、そこは時間外もあるのを知っていたで、直接電話をして連れて行き、診察を受けました。それでもたまたまその時に小児科の医者が居たからこそ連れて行く事ができた訳で、居なかったらどうなっていたことやら。。。

上のサイトは社団法人 日本小児科学会が開いたHP。小児救急の時間外受診が増えていて、その内の28%が受診不要だったという調べもあり、夜間や休日の診療時間外に病院で受診するかどうかの判断の参考になればと開設されたそうです。

正直なところ病院に行くべきか否かは、その時に足を運べる病院へ、先に電話をして医師の判断を得るのが適当だと考えます。そしてその為には、夜間/休日に診療してもらえる病院が何処なのか?私はまずはその情報が迅速に得られる方法の充実を望みます。

現在のところ電話での24時間自動対応で病院を検索しますなんてサービスがありますが、これが以外と繋がらない。また自動対応なんて曖昧で悠長なシステムもどうなんでしょ?それに紹介される病院もそれに協力した医療機関だけのようで、実はもっと近くで診察が受けられるところがあるなんて事もある訳で、結局は自分自身でいざという時の対応を準備しておくことが大事となってしまうのです。

まあそれはそれで当たり前な事ではありますが、急な時への対応として個人で備えておける事には限りがあります。
そんな時のサービスとして満足のいくものが身近にあればいいなと思います。
このサイトも今のところ、イマイチな印象。
今後に期待いたします。
育児 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kabe3.jugem.cc/trackback/222
この記事に対するトラックバック
最近のツボ