今日の英才教育

私の二人の子供の未来は果たして!?・・・彼らの傍らで響き、奏でられるいるものは。。。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< どっち!? | main | 有料音楽配信も本格化!? >>

もう一度やってみるぞ!

往年のMUSICIANが、現役有名MUSICIANと仕事をするのが時折見受けられます。本人としては、再び表舞台に出て行く切っ掛けにもなるのでしょうし、また招かれた者も、光栄な事なので出来る限りのものを提供し、そしてお互いに刺激的な仕事となるのでしょう。それを聞く者としては、Legendの現在の姿や時にゲストの思わぬ姿に触れる事も出来、ここから見えてくるPeople Tree等は、自身の音楽世界を広げてもくれます。

そんな楽しくて、ありがたい2枚のDuet Album。
両盤ともに、とんでもないゲストを迎えての1枚。そのゲストといい具合に調和した、気持ちのこもった素晴らしいALBUMです。原曲の良さを損なわない現代のアレンジが施され、また選曲も意外なものもあって楽しい。

Overnight Sensational Overnight Sensational / Sam Moore
"SOUL MAN"ことSam Moore。もうすぐ72歳。
OTISと共にスタックスの代表的ARTIST"Sam & Dave"のSam。
先のグラミーでのStageも記憶に新しく、全盛期に劣らぬ力強い迫力ある歌声を聞かせてくれます。

1. I Can't Stand The Rain - w/Wynonna, BeBe Winans, Billy Preston
2. Better To Have And Not Need - w/Bruce Springsteen
3. Blame It On The Rain - w/Fantasia
4. Lookin' For A Love - w/Jon Bon Jovi
5. Ain't No Love - w/Steve Winwood
6. None Of Us Are Free - w/Sting & Sheila E.
7. It's Only Make Believe - w/Mariah Carey & Vince Gill
8. Don't Play That Song - w/Bekka Bramlett
9. If I Had No Loot - w/Van Hunt, Nikka Costa, Billy F. Gibbons
10. Riding Thumb - w/Travis Tritt, Robert Randolph
11. We Shall Be Free - w/Paul Rodgers
12. You Are So Beautiful - w/Billy Preston, Eric Clapton, Zucchero & Robert Randolph

Last Man Standing
Last Man Standing / Jerry Lee Lewis
"THE KILLER"ことJerry Lee Lewis。
Elvisに対する?!SUNの代表的ARTIST。先日71歳の誕生日を迎え、Don Henley, Chris Isaac, Solomon Burke, Norah Jones, Tom Jones, Buddy Guy, Kid RockそしてRon Woodを迎えたLiveとWillie Nelsonとの記念Liveが行われた模様。Informationから1年以上が経ち、やっと発売。男ばかりの1枚となりましたが、第二弾の予定もあるとか!?軽快なピアノRock'n Rollと熟練のCountry、R&Bを聞かせてくれます。

1. Rock And Roll - w/Jimmy Page
2. Before The Night Is Over - w/B.B. King
3. Pink Cadillac - w/Bruce Springsteen
4. Evening Gown - w/Mick Jagger, Ron Wood
5. You Don't Have To Go - w/Neil Young
6. Twilight - w/Robbie Robertson
7. Travelin' Band - w/John Fogerty
8. That Kind Of Fool - w/Keith Richards
9. Sweet Little Sixteen - w/Ringo Starr, Ivan Neville, Nils Lofgren
10. Just A Bummin' Around - w/Merle Haggard
11. Honky Tonk Woman - w/Kid Rock, Keith Richards
12. What's Made Milwaukee Famous (Has Made A Loser Out Of Me) - w/Rod Stewart
13. Don't Be Ashamed Of Your Age - w/George Jones
14. A Couple More Years - w/Willie Nelson
15. Old Glory - w/Toby Keith
16. Trouble In Mind - w/Eric Clapton
17. I Saw Her Standing There - w/Little Richard
18. Lost Highway - w/Delaney Bramlett
19. Hadacol Boogie - w/Buddy Guy
20. What Makes the Irish Heart Beat - w/Don Henley, Kenny Lovelace
21. The Pilgrim Ch.33 - w/Kris Kristofferson

ゲストに惹かれて気楽に聞くと、爺様パワーにヤラれるぞ!
最近のツボ | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kabe3.jugem.cc/trackback/287
この記事に対するトラックバック
  少し前に発表されたご存知サム&デイブの片割れ、サム・ムーアのソロ名義である最新アルバム『OVERNIGHT SANSATIONAL』を今回は取り上げてみたいと思う。 サム・ムーアのソロ名義作品としては2作目に当たる本作であるが、ファースト・アルバム『PLENTY GOOD LOVIN'
★SAM MOORE 「OVERNIGHT SENSATIONAL」 | 廃盤日記(増補改訂版) | 2006/10/25 10:19 PM
最近のツボ