今日の英才教育

私の二人の子供の未来は果たして!?・・・彼らの傍らで響き、奏でられるいるものは。。。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Damned Damned Damned 30th | main | Shortlist Prize >>

THE PRETENDERS

Damned繋がりと云う訳でもないですが(Chrissie Hyndeは、Damnedの前身Bandに参加)、去年からReissueが始まったThe Pretenders。
Pretenders II Pretenders II
この2nd AlbumのBonus Diskには、Promo盤として存在していたという、1981年のLive音源が収録されてます。これはオリジナル・メンバーでのLive!おまけにするにはもったいない、屈指のLive盤。

強烈な切れ味でタイトにキメるロックンロール。Chrissieの歌声もどこか若々しく、ガニ股でテレキャスを掻き鳴らす姿が目に浮かびます。そしてなんといっても、ギターのJames Honeyman-ScottのPLAY!あのJohnny Marrも影響を受けたという(後にMarrは一時期プリテンダースのメンバーに)、彼の王道UKギターが存分に楽しめます。

この後Bandは、ドラッグ問題に悩まされる事になり、1982年ベースのPete Farndonをクビにしたところ、その二日後にJamesがドラッグで他界。そしてPeteは、翌年春にやはりドラッグで他界してしまいました。

二度と叶うことのない、オリジナル"The Pretenders"の輝きがここに。
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kabe3.jugem.cc/trackback/308
この記事に対するトラックバック
最近のツボ