今日の英才教育

私の二人の子供の未来は果たして!?・・・彼らの傍らで響き、奏でられるいるものは。。。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Public Enemy / FUJI ROCK '09 | main | 東京さくら >>

Eli ”Paperboy” Reed / FUJI ROCK '09

先日放送の東京マスメディア会議をみましたか。
またもや きのこ を見る目が変わりました。
でもフジでニューロティカを見たい目に変わりはありません。

このジャケ見れば、
どんな音楽を鳴らすか解かるってもんだ。

Eli "Paperboy" Reed & The True Loves

フジロック出演!なんとGood Timingな!!

去年のMy Best 5に入るこのAlbum。
60〜70'sのサザンソウル直系。
この手の音はAmy Winehouse(フジで呼んでよ!)の大成功もあり、
ここ数年盛り上がっている感があるところなれど、
彼はそれを狙いじゃなくやっているのは、一聴瞭然。

ボーカルは熱く、時に甘く。ギターがホントによく鳴ってる。ホーンも実に華やか。
これの前のAlbumではHowlin' Wolfばりのブルースも聞かせてくれてます。

20代だそうで。白人だそうで。
うっそ〜と羨ましいやら嫉ましいやら。
さしづめ日本でいえば、清志朗やトータス松本を思い浮かばせるソウルマンぶり。


Morrisseyのツアーサポートをお断りするほど、
Non-StopでLiveをこなして活動中。(あぁ Moz のフジ出演実現 願)

まだまだ新顔とはいえ、様子見なんて必要も無く、
ガッツリ楽しめることでしょう!
FUJIROCK | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kabe3.jugem.cc/trackback/332
この記事に対するトラックバック
最近のツボ