今日の英才教育

私の二人の子供の未来は果たして!?・・・彼らの傍らで響き、奏でられるいるものは。。。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< COACHELLA始まったぞ | main | 出るか PIXIES >>

映画 ヤッターマン

早期成立と煽っていながら、
ツケで借金してトンズラされそうだけれど、
借金してでもフジロックでニューロティカは見たい。

家族みんなで 映画『ヤッターマン』 を見てきました。

監督 : 三池崇史
出演 : 櫻井翔 、 福田沙紀 、 深田恭子 、 生瀬勝久 、 ケンドーコバヤシ 、 
     阿部サダヲ 、 岡本杏理
や〜楽しかった!!!
旧TVシリーズを下地に細かなネタも再現されて、
劇場で見るに値する迫力でした。
まるでミューズメント・アトラクション『ヤッターマン』かの如く。
またDVDで、家でワイワイ言いながら見たい。

話題のCASTも脇役もみんなキャラが起っていて良かった。
チビ達も ”面白かった〜!” と満足そう。
下ネタだって、ドリフとシンちゃんで鍛えたウチの子には、
毒にもなりましぇ〜ん。

でも現シリーズを見ている子供の目も厳しいようで、
アイちゃんのこことここに〇〇が付いてたでしょ〜
ボヤッキーとトンズラーの鼻のところに紐みたいのあるぅ〜
ヤッターワンの色がちがぁぅ〜
。。。と、彼らなりに気になるところがあるそうで、
まぁよく見てるなぁと関心したり。

私もヤッターワンとヤッターキングは、一色や板金丸出しで、
毎週塗装するのはガンちゃんも大変だろうとは思うけど、
もうちょっと活躍する様に
描いてあげてもいいじゃないかなぁ〜なんて。


しかし漫画でもアニメでも実写化すると、
迷/珍作か俳優のプロモ映画になりがちだけど、
これは素でなんてかっこいいんだ!と思い入った。
新解釈とか余計な事しなくていいのよ。現代のノリで振り切っちゃえば。

音楽も厚いオーケストラアレンジやビートの
効いた音に仕上げられていて
出動シーンなんかワックワク。

← クロマニオンズのヤッターキングの歌が
入っていないのが残念。
どっかで聞けるかな。

三池崇史監督は今エンタな映画作らせたら一番じゃないかな。
ケータイ捜査官7もまたヤッて欲しい!
(我が家にはフォンブレイバー3機が任務中)

次はヤッターペリカンでメカバトルか?!
子供にもわかるズコ〜とするようなフリで白ドロンジョ?!

ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!!
雑ネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kabe3.jugem.cc/trackback/340
この記事に対するトラックバック
最近のツボ