今日の英才教育

私の二人の子供の未来は果たして!?・・・彼らの傍らで響き、奏でられるいるものは。。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 苗場のあんちゃん | main | Tower Of Power >>

Lady Dottie & the Diamonds


Lady Dottie & the Diamonds


a sloppy "MC5" backing up a street-version "Etta James"
まさにそんな感じのハイテンションな一枚。

"Dorothy Mae Whitsett"の名で60年代からブルースやゴスペルを歌ってきたLady Dottie。裏街道での活動を続け現在60歳半ば。地元San Diegoで、ある若者と出会い、その周りに若衆が集ってある種のスーパーバンドを結成。
貫禄満点のソウルフルなvoに、エッジの効いたガレージなバンドサウンドは、
お互いに欠けていた何かを手に入れたかのようなイキの良さ。

Lady Dottieのこれまでの人生は、映画になりそうなストーリーがあるんだろうなぁ。
最近のツボ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kabe3.jugem.cc/trackback/355
この記事に対するトラックバック
最近のツボ